教育方針


 小牧幼稚園は、1966(昭和41)年に、創立者である小林牧江が「日本の伝統文化を継承出来る幼児教育」を広めるべく創立し、2015年に創立50年目を迎えました。
 そして、社会全体の枠組みが大きく変化している今、文化や伝統の力は貴重なものになっています。
 しかし、古いものをそのまま守るのが伝統ではなく、よいものはしっかりと受け継ぎながら、改めるべきは改め、時代に合わなくなったものは潔く捨て、新しいよきことはどんどんと取り入れる。小牧幼稚園の伝統とは、そのようなダイナミックな過程のことだと考えています。
 幼稚園では、「主体性」とともに、「他人への思いやり」を大事にする子供達を育てます。

沿革


1966年 埼玉県知事の認可 個人立小牧幼稚園設立 大間野町4丁目に創立 定員80名
1974年  園歌制定 定員160名に変更
1979年
5丁目に移転 学校法人立に変更 県内初の冷暖房完備園舎 定員240名変更
1983年
園庭拡張
2001年
課外用家屋新築 園庭拡張
2007年
こまき保育園 設立
2011年
園庭拡張
2012年
新園舎建設開始 園庭拡張
2013年
新園舎建設完了に伴い認定こども園移行
2015年
新制度移行