歓声あふれる園庭


 体力育成と健康増進は、幼稚園教育の基本です。
 休み時間や自由遊びの時間のグラウンドはいつも園児の歓声に満ちています。
 夏のお泊まり保育では、秩父の山に川に出かけ、大自然の環境に親しみ、集団生活のルールを学び、心身を鍛えます。
 冬場は年長は毎朝グラウンドでジョギングをし、休み時間には縄跳びやサッカーをする姿がよく見受けられます。
 また、エルステップスによる体操指導など、各種の課外活動も盛んです。
 年長については、一年を通して毎朝副園長自らスポーツ遊びを行っています。それは自ら常に現場に立ち、子供の今の声、今の気持ちを汲み取りたいと切に願っているからです。
 また、越谷警察署の警察官による交通安全指導や、越谷消防署の消防官による避難訓練指導、5月からセントラルスイミングスクールの指導者による水泳教育等の防災教育にも力を入れており、単に健康危機に対する対処の技術を教えるのみならず、積極性、生命の尊厳などを子供達に身につけさせることにも取り組んでいます。